2018年12月29日 (土)

沖縄の旅2018を12枚の写真で振り返るブログ

月一更新を目指しているこちらのブログ、前回の続・続・続ハロー先生の記事で年内最後になるかと思いましたが、最後の最後に書くことができました。


毎年恒例にしてはもしかたら少しダメなのかもしれないと思いつつ毎年恒例になりつつある沖縄一人旅を振り返りたいと思います。


前回は行く場所の予定などを入れすぎて少し旅疲れしてしまったので、今回はあまり予定を入れず少し時間を持て余すくらいの感じで行ってきました。


まずは着いて空港内のA&Wです
1


修学旅行生とかぶったのでモノレールのチケット買うのに何十分も待ちました。


もう首里城とか行きたくないので、調べたら沖縄に美術館?博物館?があったので行ってきました。
2



沖縄で美術館とかよほど美術館好きな人と一緒に来ないと行かないじゃないですか。行けて良かったです。1DAYパスで全部見ました。


とりあえずホテル行こうと歩いてたら折り畳み傘じゃ死んでしまうくらいのスーパー大雨が降ってきました。


次の日、例年通り離島に出発です。初回は座間味、去年の2回目は阿嘉島、そして今回の渡嘉敷島で慶良間諸島はコンプリートじゃないでしょうか。


チケット引換のとき窓口のおばちゃんに「今日も結構だけど明日海上の時化(シケ)で帰りの船出ないかもしれないけど」とか言われれてももうここまできたら行くしかないじゃないですか。時間は持て余してるので


たしかにまあまあな揺れで少し船酔いして渡嘉敷に到着。原付を借りて走り回ります。


曇天
3


原付乗ってると少し肌寒いです
4


それでも海はキレイです
5



6


虫取りの途中で消えちゃったのかな
7


少しわかりづらいんですけど、崖にヤギがいます(写真中央)
8


離島の崖にヤギがいるってシティボーイからするとすごい非日常なのに、シーズンオフで観光客ほぼゼロだとそれを一人でジッと見ることしかできないんですね。心の中で「崖に…ヤギかよ…」って反芻するだけなんですよ。「ヤギ!ヤギいるよ!」とかやりたかったです


こんな足場悪いところですごく距離あるのに俺の存在に気付くと逃げていきます。絶対捕まえられないからゆっくりしてってよ

9


得体のしれない黒いトカゲ?ヤモリ?みたいなやつが道路にたくさんいました。轢かれてるのも結構いました

10


ここで島内アナウンスで「明日の船は予定通り15時30分に出向します」と告知されます。




良かった。




どうやら次の日は修学旅行生が来る予定らしく、船はまあまあ頑張るとのことです。



次の日、朝起きたら「本日は海上時化のため全便欠航となります」と島内アナウンスが流れます。



くつがえりました。


朝食を食べながら宿の人と「どうしましょうかね」なんて話しながらとりあえず海上タクシーのおじさんに聞いてみるといいということになり、

11


2回目の電話で本島まで運んでくれることになりました。


友人の結婚式のために帰らなきゃいけない本島から職場の交換留学みたいな感じできてる青年と乗り合わせ、仲良く話しながら乗り込んだんですけど


フェリー欠航になるくらいの波の中を小さな船で進むため、想像を絶する揺れで衝撃が走りました。これは転覆するんじゃないかと思うくらいだったんですけど、操縦のおじさんはいたって普通の顔だったのでこんなものかと安心しました。


どれくらいで着くんですかって聞いたら70分というので、長いなと思いつつ青年と会話しながら30分ほど経ったとき、俺は盛大に吐きました。


一点を見ると酔いやすいので途中から青年の顔を見るのも無理になりました。



一応ビニール袋はもらっていたんですが、そんなの全然間に合わないくらいの突然の嘔吐です。開けっ放しの後ろのドアから盛大に昼飯が出ました。

吐いてるときに必死につかんだ手の先にチマメができてました。



そしてそこから20分後、今度はしっかり準備したビニール袋に盛大に吐きました。


なんとか航海を終え、那覇でレンタカーを借りて北上、恩納村というところに行きました。


宿に着くころにはもう暗く、ハンバーグを食べて寝ました。


次の日、恩納村のビーチはどこも有料。天気は雨。恩納村ではやることないので那覇に戻ってきました。



恩納村に行った意味1ミリもないです。グズグズの天気の中を運転してきただけです。


那覇に戻ってきて、那覇でもやることは特にないので空港が見える温泉で飛行機の離発着を眺めながらゆっくり湯につかり、車を返してご飯を食べてホテルで寝ました。


次の日、朝起きたらスーパー大雨です。




足元を濡らしながらホテル近くのA&Wで最後のご飯です。



沖縄に来たらルートビアでしょう!みたいな感じで煽ってくるんだけど全然味の想像がつかなくて避けてきたんですが、ものは試しだと思って飲んでみました。
13


湿布の味以外のなにものでもないです。湿布ジュースです。


少しずつはきつかったので一気に飲み干してきました。


お昼の便で東京に帰りました。



今回は全4泊5日の行程で、全部の日に雨が降りました。



でもそれでもいいんです。



沖縄で過ごすこと、それに意味があるのですから。



来年は晴れますように。




今年もありがとうございました


2018年9月15日 (土)

続・続・続ハロー先生


月一更新を目指しているこちらのブログ、2018年最初の更新になります。

皆さん明けましておめでとうございます。


このペースでいくと年内最後の更新になるかもしれません。

皆さん今年も大変お世話になりました。



さて、こちらのブログで何度か書いているハロー先生で見つけた先生とのカフェで英会話ですが、紆余曲折を経ながらもなんとか続いています。

よくわかってないままテキトーに相槌打つことも多いし、言いたいこと全然言えないままだし、ただとにかく続けることが大切だと思いますし、とにかく続けることが大切だという気持ちだけで続けています。



前回のハロー先生の記事では、ようやく見つけたR先生が1ヶ月バカンスをとるところまでお話したと思いますが、先生のバカンスの間にピンチヒッターでC先生という若い女性の先生が2回ほどレッスンをやってくれたんですね。


で、R先生がバカンスから復帰後一度レッスンをやって、そのあとゴールデンウィーク出張週間に突入したので落ち着いたら俺から連絡するとLINEを交換しました。


2週間後くらいだと思うんですけど、LINE送っても全然既読にならずだったので心配してたら、ピンチヒッターのC先生から「R先生は事情によりレッスンができなくなってしまいました。私でよければレッスンします」と連絡がきて、心配しつつもそこからはC先生とレッスンすることになりました。


数か月が経ったころ、突然レッスン後にC先生が「R先生からもし連絡が来ても無視してください」と言い出し、事情を聞いたらR先生はレッスンができなくなった理由は絶対に言わないのに紹介料を払えと連絡してくる、あの人の穴埋めをしてあげてるのに意味が分からない、C先生のほかの生徒もR先生に返信したら連絡がめっちゃ来るようになって困っている、とのこと。


しかもR先生はおそらく日本にいない、たぶん日本に入国できない理由がある、イギリス人と言ってたけどあの人はイギリス人じゃない、俺が大学で講師をやってるって言ってたけど…と言ったらそれは絶対にウソです、と、もはやR先生は本当にR先生なのかみたいになって、「私たちも彼の本当のことがまったくわかりません」とのことで、R先生ヤバい



そしてその日の夜マジでR先生からLINEがきて、俺が送ったやつ既読になってないのに「まだCとレッスンしてるのか?」という内容で、無視しました。

C先生タイミング良すぎじゃないですか



無視してブロックしたのでそのあとは平和にC先生とのレッスンが続いていましたが、年明けくらいに「私結婚するの。そして3月から就職するの」と打ち明けられ、「代わりの先生で私の弟を紹介するわ」とC先生の弟とレッスンをすることになりました。


俺は最初ネイティブのおじさん先生を探していたはずですが、いろんな事情が重なり10個も年下ボーイのT先生と今レッスンを続けています。


彼は優しいナイスガイだし、テキストに出てくる漢字が読めなくて「カンジはスゴクムズカシイですね」と照れながら言ってるのもすごく可愛い。
出身は南アフリカの先生なんですが、家庭の事情などでもともとはアジア系らしく、この回で3人の外国人先生が登場していますが一番日本人から遠い顔してるのは俺です。


・R先生:イギリス出身と言ってるがたぶんウソ。C先生は彼は本当はマレーシア人なんじゃないかと思ってて「わからないけど彼はきっとマレーシア人よ」と証拠のない謎根拠でマレーシア人だと決めつけている。

・C先生:南アフリカ出身。T先生のお姉さん。家庭の事情などでもともとはアジア系。

・T先生:南アフリカ出身。C先生の弟。家庭の事情などでもともとはアジア系。

・清水:このブログの主人公。親には純日本人として育てられ、旅行先の沖縄でお土産を買おうとしたら店のおばちゃんに「どうしてお土産買うの?」と聞かれる。



このブログは月一更新を目指しているので、次回の更新は10月中旬ころになる予定です。


よろしくお願いします。

2017年12月18日 (月)

沖縄の旅2017を30枚の写真で振り返るブログ

月一更新を目指しているこちらのブログ、ちょうど10ヵ月ぶりの更新となりました。

間違いなく今年最後の更新です。
皆さん今年も大変お世話になりました。


こないだ昨年に続き2年連続の沖縄一人旅に行ってきました。

今年は5泊6日です。

今年は一人で行こうかそれとも誰か誘うかどうか迷いもせず、12月に夏休みを取って一人で行くものだと思って行ってきました。


到着してまず、沖縄にしかないファストフード、A&Wバーガーに行きました。
1
店名のハンバーガーを頼んだんですけど、肉にオニオンリングによくわからないけど大きな乳製品が入っていて、まさにアメリカンなボリュームのハンバーガーでした。

なぜかとても好きになりました。好きなんですよね、ザ・アメリカンみたいなやつ。


そのあとグーグルでわりと上のほうに出てきた福州園というところに行きました。
2

3

中国の庭園?を再現した的なやつです。

俺以外には中国人ぽい夫婦がいましたが、中国人も中国の庭園を再現した的なやつに行くんですね。



そして国際通りのちょっと外れたらへんをブラブラしたんですけど、BARエロスがありました。
入口がわかりそうでわからないです。
4
沖縄アフターズスクールにエグザイルです
5



すごく怖い治療をしそう
6



夜は沖縄のたまちゃんと深夜3時くらいまで飲んで、そういえばたまちゃんのこと沖縄に住んでること以外知らないなと思っていろいろ話せて楽しかったです。
次の日、フェリーで阿嘉島という離島に行きました。
7



島には野生のシカが至るところにいます。
真っ暗な夜道で出くわすと結構怖いです。
8


ニシハマビーチというところがあるんですが、漢字だと北浜と書くそうで、どうしてなの。北なのにニシと読まれる北の気持ちは
9
島にはネコいっぱいいる説
10

11


泊まった民宿は夜ご飯をみんなで食べるとのことで、東京から来ていた27歳の男の子とオーナー夫妻、診療所に期間限定?で勤めている若き女医さんとご飯を食べ、そのあと27歳男の子と近くのバーに飲みに行き、初対面だけどいろんな話をしました。


次の日、チェックアウトしてからその男の子と海まで散歩に行き、途中で男女の兄弟がお兄さんたちどこから来たのと話しかけてきて、その子たちは家に向かって帰る途中のようだったんですが、なぜか流れで家まで一緒に歩くことになって、その間お兄ちゃんが家族構成を細かく説明してくれて、お父さんはお店をやっていてビールとかご飯を出してるって言っててそれ昨日飲みに行ったバーでした。

一生懸命説明するお兄ちゃんと、途中会話に全然関係ない「デモネ、ピカチュウはイナイノ」とかスーパーささやき声で話す妹が超可愛かったです。


そのあとは島一日目に続き原付を借りて、一番奥のなんちゃらなんちゃらというところに行きました。一日目は強風で曇りがちだったんですけど、二日目は結構晴れました。
12



風もなくて暖かくて気持ちよかったです。
13



皆さんには阿嘉島展望台から見える島々が見えますか?
14


昼は島のカフェでランチを食べたんですけど、俺の前にスムージーを買ってる女性がいて、そのスムージーはなんですかとか話したんですけど、こちらの女性がさっきの兄弟のお母さんでした。
15


午後2時くらいのフェリーで本島に戻り、レンタカーを借りて南城市のゲストハウスに行きました。
16


夜テラスでご飯食べてたんですけど、ミルキーがずっと近くにいてくれました。
17


18


ファンキーなオーナーさんがゴーヤチャンプルー作ったんだけど食べる?って言ってくれて、ありがとうございます今スマホでサッカー日本対北朝鮮見てますって言ったら「うちの大きな画面で一緒に観ましょうよう!」と誘ってくれて、中で一緒に観戦しました。


劇的ゴールに二人で大喜びしてたら奥さんと娘がお風呂からあがってきて、オーナーさんが5歳の娘に「お兄さんに聞いてごらん」と話し始め、そしたら娘が「お兄さんは長男ですか。お兄さんは土地持ってますか」とか聞いてきたので、長男だしきっと土地ももらえるぞと伝えておきました。
そんな話をしてたら隣の部屋に泊まるロッククライミングをやりに来た夫婦がご飯から戻ってきて、オーナーと夫婦と4人で飲みながら盛り上がって面白かったです。
ロッククライミングのジムに行ってみたくなりました。


次の日の朝、テラス席でミルキーと朝食を食べました。
19


この日はガンガラーの谷というところに行きました。
20


そのあとはせいふぁー御嶽
21



で、北上して去年も来たアラハビーチへ。夕日が見れます。
22

23_2


夕日を見てから平安座島のホテルに泊まって、次の日早朝の船で津堅島というところに行きました。
24


ニンジン畑がめちゃめちゃあって通称キャロットアイランドと呼ばれているそうです。
25



錆びが引っこ抜いたときの土感を出してていい感じです。
26


ニンジン展望台
27


が、他に何もないです。

10時の船で戻ろうと9時半過ぎに自転車を返したらおじちゃんにもう帰るのかと言われたんだけど、たぶんオフシーズンで海水浴とかバーベキューとかしないんだったらニンジン展望台以外見るとこないです。
ニンジン畑めちゃめちゃ見るとかないじゃないですか。


戻ってから車でそのまま伊計島へ。
28
伊計島は海がすごくキレイでした。

で、今度は浜比嘉島へ。パワースポット的な場所ですたぶん
29


階段を登っていったらあきらかに観光客じゃないっぽいおじいさんがいたんですけど、もしかして神様…
30
最後にビーチに寄って、那覇に戻りました。



最後の夜は国際通り近くの吉崎食堂ってところに行ったんですけど、一人用にハーフサイズにしてくれたり一人前の刺身盛り合わせしてくれたりナイスサービスでした。
今すぐにまた沖縄行きたいです。


今年もありがとうございました~

2017年2月18日 (土)

続・続・ハロー先生

月1更新を目指しているこちらのブログ、2017年最初の更新です。


皆さん、明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。


こちらのブログで2回ほど書いた英会話の話ですが、
初めてハロー先生で見つけた先生の話
そのエドウィン先生とのレッスンの様子を書いた話


今回はその続・続編です。



前書いたようにエドウィンは少し変わっていて、英語で何言ってるかよくわからないのですが、何かのためにオーストラリアに1ヵ月ほど行っていた時期があり、そのあとくらいからいつものカフェで待てども待てども来ないことがあったんですね。


30分待っても来ないので今日は帰るよってメールしたら「so sorry、頭痛がどうのこうの」って返事が来て、この分はじゃあ別の日でってなったからその日にカフェ行ったらまた来なくて、そのときは日付を間違えてたって言って俺は結構オコだったんですけど、まあまた来週ねってなってその次のレッスンも無断で来なくて、完全にオコになったのでそこからもう頼まないよってメールしたら「GOOD LUCK」って内容の返事が来てそこからエドウィンとは絶縁しました。



で、しばらくしてまたハロー先生で先生を5人選んで振り込んで連絡先を買ったんですけど、連絡先が見られるページの期限が30日っていうの知らなくて、仕事でバタバタしてて後回しにしてたら期限が60日くらい過ぎてまして。


そこからずっと探さなきゃって思ってたんですけどずっと放置してて、で、こないだ年も明けたことだし本腰入れてまたハロー先生で連絡先を買いました。
おじさん2人はレッスンできる時間帯が合わず、1人は返事なし、4人目のリック先生でようやくスケジュールが合いそうで、さっそくこないだの火曜日に会ってきました。


渋谷駅はめっちゃデカいから待ち合わせ場所アドバイスくれっていうからハチ公前の緑の電車でって提案して、夜7時半の待ち合わせにしました。


エドウィンのときもそうだったけど、俺はいつの頃のものかわからない顔写真しか見てないし、向こうはこっちの見た目が全然わからない状態での待ち合わせです。


今日はgreen coatにリュックサックだよって朝メールが来てて、俺はdark blueのコートにred shoesを履いてるって返事して、ドキドキしながらリック先生を探しました。


ネットで知り合ったおじさんどうしがドキドキしながら探し合ってる気持ち悪い状態です。


カーキのミリタリージャケットにリュックサックを背負ってる髭だらけのおじさんがいて、「写真と違いすぎだろ…」って思って様子をうかがってたら全然違う人で、いないなーってキョロキョロしてたらリック先生から電話かかってきて、緑のコートにリュックサックのリック先生と無事会うことができました。


そのままエドウィンのときと同じカフェに行って、リック先生は声の大きさがマジ普通なので全然周囲の目を気にすることなく、1時間のレッスンを終えることができました。


内容はリック先生が自己紹介をして、そのあとに私の趣味はなんだったでしょうみたいなクイズをして、今度はこっちが自己紹介をして、そのあとレッスンはこんなふうに進めていこうかなと思ってるって話をする感じでした。


途中で「you surprised me」って言ってきて、なんのことだろって思ったらサラリーマンだからスーツでネクタイ姿を想像してたのにレッドシューズ履いてるってメールが来てスーツに赤い靴合わせるとかどんなお洒落だよって思ったらしいです。


ちなみにリック先生はイギリス出身らしいんだけど顔がアジア人っぽくて、周りからみたら英語が完璧な日本人と英語全然話せない外人みたいな図になってます。誰が外人だよ

今月末から1か月くらいフィリピンに旅行に行っちゃうらしいのでちょっとあれですが、頑張って続けていこうと思っています。


2016年12月18日 (日)

沖縄の旅を21枚の写真で振り返るブログ

夏に夏休みをとってもあれなので、今年は12月に夏休みを取りました。

べつに忙しくて休みが取れてなかったわけじゃなくてタイミングがなかっただけです。


日本ではもう冬ですが、夏休みで少しでも夏っぽいところをと沖縄に行ってきました。


一人で行ってきました。

こんな中途半端な時期に5日も休みとれる人なんてあんまりいないじゃないですか。
だから一人なんですよ。一緒に行く人がいないからとかじゃないです。
ぜんぜん一緒に行く人がいないからとかじゃないです。

お昼くらいに那覇に着いたんですけど、なんも考えてなかったので やべ何しようと思ってとりあえず首里城に行きました。
行ったことあるような気もするんですが他に何も思いつかなかったのでとりあえず首里城です。
2016121
客待ちしてるタクシーのおっちゃんが「兄ちゃん一人か」と話しかけてきて、どこから来たんだって言うから東京っすて言ったら「でももとはこっちだろ?」「いえ千葉です」「親がこっちのほうか?」「いえ千葉と埼玉です」「ルーツは九州か?」「知らないです」というやり取りをして、一人旅っていいなって思いました。

思ってないです。


沖縄最高気温が20℃以上あるので夜でも羽織るものが一枚あれば大丈夫なのでそれだけで沖縄来てよかったです。

一日目はモノレールでなんとなく気になった駅で降りて周辺を周って乗って降りて…を繰り返して、夜は石垣牛のハンバーグを食べて終わりました。
特にやることなかったです。


2日目は港近くの魚市場でまぐろ丼を食べて、フェリーに乗って座間味島に行きました。
2016122
スピード遅いほうのフェリーで2時間くらいです。

慶良間諸島の海は世界的に見ても透明度が高く、ダイビングなどで人気のスポットらしいです。(船の中で調べました)


島の港に着いて宿のおばちゃんが迎えに来てくれてたんですが、「今日はダイビングですか」と言われて「いや、あの、俺そういうのやらないんで…すいません何も考えずになんとなく来てしまいました」と答えて、原付借りるところを教えてくれたので原付で島を周ってきました。

ミラーは折れてても大丈夫です。
2016123

なんならポカリスエットでも大丈夫です
2016124

典型的な人が轢かれるパターンですが、こいつマジで左右確認一切しないで渡ってました
2016125

THE・野生のキノコ
2016126

マリリン
2016127

古座間味ビーチはホントにキレイでした。
ここでだいぶ長い時間海見てました
2016128

猫もいました。
2016129
ネコ10匹くらいいました。
20161210


座間味の宿で一緒に泊まるメンバーを紹介します

クモ
20161211

カメムシ
20161212

ヤモリ
20161213


夜ベランダに出たら星がめっちゃキレイで、口の開いたすげぇダサい顔してずっと夜空を見上げてました。

あと初めてガチの流れ星を見ました。
今までの人生、なんちゃら流星群のときずっと空見てて視界の端っこのほうで何かが動いたように見えたのをずっと流れ星を見たことにしてたのですが、今回はガチです。なんならあれは天文学的に見ても素晴らしい流れ星なんじゃないかと思ってます。知らないけど


次の日、宿チェックアウトしてからフェリーの時間まで5時間くらいあってどうやって過ごそうかと思ったんですけど、ひたすら海見てるだけで全然大丈夫でした。
20161214
20161215
とかやってたら浜辺に置いた俺のリュックにカラスが乗っててサイドのポケットからものを引っ張り出してました。

島の地図持ってこうとしててお前に地図必要ないだろ

この黒いのが犯鳥
20161216

夕方前に本島に着いて、レンタカーを借りてちょっと北上、北谷らへんにある夕日スポットのアラハビーチに行きました。
20161217

美浜地区はイルミネーションがキレイということで、行ってきました。
20161218


次の日、やることないのでとりあえずアラハビーチで朝ご飯を食べて
20161219

周辺を散歩しました。

ビーチサッカーをやってて初めて見たんですが、アメリカ人の女子の子供たちがやってて初めて見るビーチサッカーがこれなので相場が全然わからないです20161221

ホントにやることなかったので、近くのアロマ温泉?的な温浴施設に行って、ゆっくり風呂に入って牛乳飲んでめっちゃゆっくりしました。

そのあと那覇に戻ってきて車返して国際通りでお土産買ってアグー豚のステーキ食べて、やることないので早めに帰ってきました
20161222

5日間ずっと天気良くて、あったかくて良かったです。
沖縄に何しに行ったの?って聞かれたらホントに何しに行ったのかよくわかんないですけど、とりあえずあったかい場所でゆっくり過ごしていい一人旅になりました。


来週くらいにまた行きたいです。

2016年10月29日 (土)

今年の独身男旅につきまして

月1更新を目指しているこちらのブログ、4ヵ月弱ぶりの更新です。

2012年に友人の高橋君と立ち上げたトラベルユニット 独身男旅。

第1回開催、人があまり行かなそうなところ(めっちゃ失礼)に行く、島根県の旅2012
記事はココから


第2回、さっそく活動休止、沖縄一人旅2013
記事はココから


第3回、俺らは国内に収まる器じゃない、アジアを制すならまずはシンガポール2014
記事はココから


第4回、新メンバー”独身の俺らより自由度高い既婚の高橋君2”を新たに加え、愛媛~高知~香川を巡る四国旅2015
記事[前編]
記事[後編]


と、毎年実施してきました。


そんな中、立ち上げメンバーの高橋君1が先日めでたく結婚いたしまして、おめでたい祝福の気持ちと同時にこのトラベル活動の今後が危ぶまれる不安な気持ちもありました。

3人中2人が結婚してる状態です。結婚して家庭を持つと人間はいろいろ制限を受けることが出てきます(高橋君2は例外)
※ちなみに例え俺が結婚したとしても「独身のように楽しむ旅」としてチーム名は変えたくないです。

しかしそんな不安をかき消すかのように、彼は結婚式の中で「そんなことはない」と読み上げてくれて、今年も来週11月第一週目に開催する運びとなりました。


そうなるはずでした。


しかし新婚高橋君に仕事が入ってしまい、残念ながらリスケジュールとなってしまいました。

今年度開催されるとしても年をまたいでしまいそうです。


あたしまだ夏休み取ってない。


今から沖縄調べようと思います。

2016年7月 3日 (日)

4-6月の過ごし方

月1更新を目指しているこちらのブログ、2016年最初の更新になります。
皆さん、明けましておめでとうございます。このペースでいくと今年最後の更新になるかもしれません。皆さん、今年もありがとうございました。


さて、2016年も半分が過ぎたのでここのところの近況を綴りたいと思います。


4月から5月にかけて色々とありました。

4月は真ん中の週末に旅行に行って、帰ってきた週の木曜日からフランスへ出張。
フランスから帰ってきた週末に岡山へ出張。
岡山から帰ってきた週の週末に大阪へ出張。と、いろんなところに行って忙しい人っぽいんですが、移動中は寝てるのでたいしたことないです。朝から晩まで会社にいるほうがキツイです。


このとき住んでたアパート結構気に入ってたんですけど、管理会社に「取り壊すからさ、金なら出すから出てってほしいです」と言われて、出張続いて時間もあんまりないし面倒だなと思いつつ、7月で更新の時期だったし引っ越し代浮くし謝礼金結構出るから「わかりました!」と即答しました。
5月中に出ると引っ越し代の他にさらに20万ゲットできます。6月だと10万になってしまうので、なんとか5月中に引っ越すと決意しました。


でも査定にかかる時間とか引っ越しの準備とか仕事のスケジュールとか考えるとピンポイントで5月15日に家を決めて24日に引っ越すしかなくて、内見2つ目で決めてしまいました。

引っ越しのときに懐かしいプリクラが出てきました。
201607031_3
たぶん社会人1年目のときです。働いてないように見えますが、たしか働いてます。

今までは住んでるところを聞かれたときに「下北沢(の隣の新代田)です」と(  )の中は心の中で言ってたんですけど、下北から歩けるし、別に見栄を張っていたわけじゃなくて新代田の知名度が低くて伝わらないことが多いからです。
たしかに新代田は店も多くないしランクや便利さでいったら下北沢のほうが上だと思いますが、僕は別に見栄を張って下北沢って言ってたわけじゃありません。伝わらないからです。見栄じゃないです。今まで見栄張るなよって思ってた人は謝ってください。全然見栄じゃないです。


新しい家は下北沢徒歩6分です。近所には溢れるくらい店があるし、スーパーも近いし、急行も停まるし、家のグレードもアップしていいところしかありません。めっちゃ気に入ってます。


やっぱり新代田と下北沢は違います。新代田に住んでる人は住んでるところを聞かれたときにちゃんと下北沢の隣の新代田ですって言ってくださいね。新代田と下北沢は違いますから。


でも、新代田は下北みたいにゴミゴミしてなくて、美味しい店もあるし、駅の改札からホームまですぐだし、下北まで全然歩けるし、いいところです。好きでした。

 


無理して引っ越しの準備をして、24日に引っ越しをして、積み上がったダンボールを片付けるのに絶望して、その週末から温泉に行ってきました。
201607032_4

そして月曜日に帰ってきて、火曜の夜からイタリアへ出発です。

海外行くのってエネルギーいるじゃないですか。
フランスから1ヵ月くらいしか経ってないし、フランスとかイタリアが車で10分とかだったらいくらでも行くんですけど、片道十何時間かけて時差もあるし、メンタル的にも結構タフです。


時差ボケ対策?そんなんしませんよ、腕時計だって日本時間のままですよ、日本の時間のことなら僕に聞いてください速攻で答えられますんで、ってやってるとずっと眠いので、皆さんはしっかり対策することをおススメします。


でも海外出張って貴重な経験だし、行かせてくれる会社に感謝なんですけど、もう少し期間をあけて余裕を持っていきたいなって思いました。

入社するとき海外行けるなんて思ってなかったな


そんな感じで過ぎ去った4月と5月、そのツケがまわってきた6月、気が付いたら7月になってました。
このままいくとあっという間に外国人のおじさんになってしまいそうです。


皆さん本年も大変お世話になりました。

2015年12月20日 (日)

続・ハロー先生

月1更新を目指しているこちらのブログも2015年ラストとなりました。
来年こそは月1更新を達成したいと思っています。

3月下旬に始めた英会話、私はハロー先生というサイトで先生を見つけたという話を以前書きました。
その記事は⇒コチラ

今回はそのハロー先生の続編です。

ホントに次の週からちゃんと来てくれるのかと心配でしたが、あれからほぼ毎週夕方にちゃんとレッスンをやっています。

渋谷駅の中のカフェでやっているのですが、エドウィン先生は少し変わっています。


1、声が大きい
エドウィンは声がすごく大きいです。お互い質問し合うときに、考えてるときに言う「Ah~」の声がめっちゃ大きくて周りの人がみんなこちらを見ます。俺はみんながこっち見たなと思った瞬間、下を向きます。
店員さんに「すみません、もう少し声を小さくしてください」と言われた回数はとても多いです。
隣の席のサラリーマンに「エクスキューズミー、プリーズ スピーク スモーラー」みたいなこと言われたこともあります。俺に日本語で言えよって思いましたが、迷惑かけてるのはこちらなのですみませんと言いました。

CDでリスニングもするのですが、その音も大きくて、お店で音出して何か聞いてるとか変じゃないですか。
最初は我慢してたのですが、最近は勝手にボリュームを下げるようにしています。
こないだエドウィンが先に来てたときにスマホで音出して何か聞いていたので、たぶんそういう配慮はあんまりないんだと思います。アメリカでは普通なのでしょうか?


2、神経衰弱
最初の頃はテキストを持っていなかったので、必要なページをエドウィンがコピーしてくれていて、いつだか神経衰弱みたいなページがあったんですね。
左側に「りんごを何個持ってますか」、右側に「I have four apples」みたいなやつを裏返しておいて、左側の質問と右側の答えが一致するようにやるやつなんですが、そのページをコピーしに行ったエドウィンが戻って来たときに右左15枚くらいずつあるのにそれちゃんと切ってきててどこで切ってきたのか不思議でした。

ちなみにエドウィン神経衰弱めっちゃ弱くてそこ間違えるかみたいなの連発してて結果は圧勝でした。


3、ピクニック
いつだかピクニックに持っていくものをABC順に順番に言っていくっていうコーナーがあって、(俺がappleって言ったらエドウィンはbanana、そして次の俺はcから始まるやつというような感じ)結構難しくて、お互いアイドルカードとかジュニアとかめちゃめちゃだったんだけど、最後のZでエドウィンが「ゼブラ。OK、next page...」とサラリとテキトーすぎる答えで面白かったです。お前ピクニックにシマウマ持ってくのかよ


そんな感じでエドウィンは遅刻もするし忙しかったとかいって連絡なしですっぽかすこともあるし意味不明な早退もあるし社会人としてはダメだと思うけど、レッスンの内容はちゃんとしてくれるので続けています。男女の会話のシーンを言い合うときに女性役やると声高くして女性になりきってくれます。

みるみるうちに英会話力があがっている実感は全然ないけど、続けることが大切だと思ってこれからも致命的なあり得ないことをエドウィンがやらない限り続けようと思っています。

2015年10月17日 (土)

四国の旅を22枚の写真で振り返るブログ~後編~

2人の高橋君は東京に帰りましたが、わたしはさらに休みを取ってここから一人旅です。

高松は前の日に散々歩きましたが、とりあえずオシャレスポットであろう瓦町付近をブラブラしました。
そこでショップ店員さんにこの辺なんかないですかと聞いたら、北浜アニーがいいですよと教えてくれたのでそこまで行ってきました。

14

この逆側は海だし、暗くなった時の雰囲気もいい感じでした。

次の日、フェリーで小豆島に行きました。
15


天気が最高で気持ちいいです。

レンタカーを借りて、まずは寒霞渓というところに行ってロープウェイに乗りました。
駅長はじろうです。
16


17

めっちゃじいさんでした。可愛い。

景色もいいです!
18


ここに遊歩道があるのですが、降りたお客さん誰も遊歩道に行かないので、ひとりで行ってみました。
野生のヘビとかテンションあがります。
19


マップ見たらこの遊歩道進んだら帰ってこれなそうだったので引き返してきました。

続いてオリーブ公園に行きました。
20


ここでオリーブソフトを食べたのですが、髭にソフトクリームがついても一人で拭くだけなので、そういうときは一人旅の切なさみたいなものを感じます。

続いてエンジェルロード!

大切な人と手を繋いで渡るとどうのこうのという、潮が引いた時しか現れない道です。
でも意外と渡れる時間が14時から20時とか長いです。
21

ちなみにたまたまかもしれませんが、偶然かもしれませんが、一人で渡ってるの俺だけでした。

22


とりあえずやることなくなったので、宿に戻ると、この宿のどういうポジションなのかわからないおじさんが「今日は夕日がキレイだぞ」と言うので、夕日が見れるスポットを教えてもらい、行ってきました。

23


ひと誰もいないし、暑くもなく寒くもなくめっちゃ静かですごい良かったです。

あのおじさんは宿の人なのか、お客さんなのか、誰だったんだろう。

この日はサッカー日本対イランの試合をやっていて、日本人だけどイランみたいな顔してるのででもしっかり日本を応援しました。

次の日、ちょうどこのときが毎年恒例の太鼓祭りだったようで、朝から太鼓の音がしてました。
チェックアウトを済ませて、女将さんに朝食食べられるとこないですかって聞いたら、
お腹空かせてるんだったらこれ持っていきなって島醤油の煎餅をお土産コーナーから持ってきてくれました。人情っていいです。


外で太鼓祭り見てたらその女将さんが「一緒に写真撮ってあげるから」と写真撮ってくれました。

24


このあとオリーブ温泉てとこに行って海が望める露天風呂に入ったんですけど、あれは海の船から全裸が完全に見えるくらいオープンで最高に気持ちよかったです。

そして世界で最も狭い海峡に行きました。
25


このあと高松に戻り、うどん食べて瀬戸大橋を見て、あれが岡山かホリオ君はあそこから来たんだなと思いながら、飛行機に乗り、東京に帰りました。

ジェットスターは小豆島の海峡より座席が狭いし第3ターミナルが離れすぎてますが、平日片道6000円とか安すぎます。

とってもいい休暇でした。

四国の旅を22枚の写真で振り返るブログ~前編~

高橋君と実施している独身男2人旅に、今回は既婚の高橋君を加え3人旅をしてきました。

旅の最大の目的は、愛媛FCで活躍する大学同級生の村上選手をサプライズで応援することです。
1

まさか愛媛の会場で東京の3人が応援してるなんて想像するはずもないでしょう。

ちなみに村上選手は試合の前日はホテル泊をするようで、宿は村上家(奥さんも大学の友人)を予約済みです。

ところが出発の前日、この四国旅を根底から覆す事実が発覚します。

「村上選手、ケガでメンバー外」

つまり、ゆうすけ普通に家にいます。サプライズ応援がサプライズ自宅突撃になってしまいましたが、それもまた楽しいです。ビックリしてて良かったです。

既婚の高橋君が嫁に「旅行は10日から(本当は9日から)、行先は今は言えない」と意味不明な嘘と隠し事をして出てきたようで、その嫁に「今愛媛にいまーす」と電話したらスーパーマジ切れトーンで「なに?」と出たのでしっかりホウレンソウはしたほうがいいと思いました。



この日の晩、高橋君が「俺イビキすごいらしいから早く寝たほうがいいよ」と言うのですが、言って50秒くらいで寝られてしまうと我々なすすべないです。
高橋君と「俺たち寝れるかなぁ」なんて言ってましたがわりとすぐ寝れました。


2日目、残念ながら村上選手は出場しませんでしたが愛媛FCの試合を観戦!
2

試合後にファンからサインを頼まれてるゆうすけを見て「プロなんだなぁ」と思いました。

残りシーズン頑張って!息子たちも本当に可愛い!
おじさんには一切心を開いてくれない姪っ子がいるからお話ししてくれるだけで本当にうれしいです。
さきちゃんもいろいろおもてなしありがとうございました。
3


試合後はレンタカーで高知へ移動!
ログハウスでバーベキューという楽しくていいことしてきました。
4

5

6_2


ログハウスには東京23区にはいないような巨大なクモが2匹いて、2匹いるんだから5匹くらいいそうな気もしたけど無事朝を迎えられました。

次の日、一行は香川を目指します。

途中、高知駅の近くで、2人の高橋君が所属するフットサルチームのナカウチさんの友人のけいたさんがやっている利他食堂というお店でご馳走になりました。
俺は完全に関係のない人だけどご馳走になってしまいました。本当にありがとうございました。
本当に全部美味しかったです。本当に全部美味しかったです。
9

けいたさん、ご馳走様でした!そしてナカウチさん、ご馳走様でした!

10

利他食堂

夜高松に到着し、夜の街を徘徊して、岡山から来ているホリオくんという青年に出会いました。

次の日、香川なので朝からうどんです。
12


ここで高橋君が「うどん大好き、何軒行こうか」と言うと、高橋君が「いや美味しいけど、でもうどんじゃん、ハシゴしないよ」と対立がありましたが、私はこれはうどんだと思うし、美味しいし、どっちでも良かったです。

そして金比羅山の1000何段の階段を登りに行きました。
おぎやはぎのおばさんのポーズで記念撮影です。
13

けいたはフリーキックの壁だし俺外人だし直人が一番上手です。

金比羅神社では休み明けの仕事頑張れますようにってお願いしました。

このあと結局うどん食べて、高橋君が困った旦那Tシャツを買って、高松まで戻ります。

3人の旅はここで終了。
2人の高橋君は飛行機で帰京しました。


~前編終了~

«日光の旅を11枚の写真で振り返るブログ

最近のトラックバック

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ